浅草周辺おすすめ観光名所

 

 

 

東京観光といえば浅草は絶対!

 

東京には数えきれないほどの観光地があり見所満載ですが、
江戸情緒が楽しめる下町浅草エリアおすすめです!

 

 

浅草寺本殿
雷門”と五重塔

 

浅草寺は1400年近い歴史をもつ東京都内最古のお寺。 寺伝によると、ご本尊がお姿を現されたのは、飛鳥時代、推古天皇36年(628)3月18日の早朝。宮戸川(今の隅田川)のほとりに住む檜前浜成・竹成兄弟が漁をしている最中、投網の中に一躰の像を発見した。仏像のことをよく知らなかった浜成・竹成兄弟は、像を水中に投じ、場所を変えて何度か網を打った。しかしそのたびに尊像が網にかかるばかりで、魚は捕れなかったので兄弟はこの尊像を持ち帰った。
土師中知(名前には諸説あり)という土地の長に見てもらうと、聖観世音菩薩の尊像であるとわかった。そして翌19日の朝、里の童子たちが草でつくったお堂に、この観音さまをお祀りした。「御名を称えて一心に願い事をすれば、必ず功徳をお授けくださる仏さまである」と、浜成・竹成兄弟や近隣の人びとに語り聞かせた中知は、やがて私宅を寺に改め、観音さまの礼拝供養に生涯を捧げた。
浅草寺に伝わる縁起には、観音さま示現の日、一夜にして辺りに千株ほどの松が生じ、3日を過ぎると天から金の鱗をもつ龍が松林の中にくだったと記されている。この瑞祥が、後につけられた山号「金龍山」の由来となった。また現在、浅草寺寺舞として奉演されている「金龍の舞」も、これに因む。

 

 

〜 雷門 〜

正式名称「風神雷神門」は天慶5年(942年)に平公雅によって創建され、後に現在の場所に再建されました。何度も焼失と再建を繰り返し、現在の雷門は松下幸之助氏の寄進により1960年に再建されたものです。正式名称は「風雷神門」。その名前は門の左右に立つ2体の彫像、雷神と風神に由来するもので、浅草寺を洪水や火災から守ります。また、雷門の裏側には天龍と金龍という2体の彫像もあります。「雷門」の漢字が刻まれた巨大な赤ちょうちんは、高さ3.9メートル、幅3.3メートル、重量はおよそ700キログラム。提灯底部には精巧な龍の彫刻が施されています。ライトアップされた夜の雷門も荘厳な雰囲気で必見です。因みに風神とは「風を司る神」で、雷神とは「雷を司る神」です。

 

 

〜 五重塔 〜

朱も鮮やかな五重塔は、1973年に再建された鉄骨・鉄筋コンクリート造りの塔である。外から見ると五重塔は地上面から建っているように見えるが、実際は基壇状の建物(塔院)の上に建っている。
浅草寺に塔がはじめて建立されたのは、天慶5年(942年)、平公雅によるとされる。当時の塔は三重塔であり、本堂に向かって二つの塔が左右に配された「薬師寺式迦藍」ではなかったかという見解もある。というのも、江戸時代・寛永年間の浅草寺境内図を見ると、当時は本堂の東側に五重塔、西側に三重塔が建ち、境内に二つの塔が並存していたからである。焼失後、慶安元年(1648年)に徳川家光が五重塔を再建するものの三重塔は再建されなかった。
この慶安の五重塔は本堂の東側に位置し、現在も礎石が残る。江戸時代は上野寛永寺五重塔、芝増上寺五重塔、谷中天王寺五重塔と共に「江戸時代四塔」として親しまれた。特に浅草の五重塔は、浅草や浅草寺を描いた海外における必須のモチーフであり、浅草のランドマーク的存在であった。

 

 

〜 東京スカイツリー 〜

浅草からほど近い墨田区押上に建つ「東京スカイツリー」は2012年2月29日に完成した電波塔である。
周辺には観光・商業施設やオフィスビルが併設されており、電波塔を含め周辺施設は「東京スカイツリータウン」と呼ばれている。
高さの634mを決定するにあたり、世界一のタワー・地域シンボルであるタワーとして覚えやすい数字にしたいと考えました。
そんな中この「634=むさし」の響は日本人にとってなじみ深い言葉であるだけでなく、旧国名のひとつで、東京・埼玉・神奈川の一部を含む大規模な地域を指す武蔵国を連想させます。
東京スカイツリーが建つエリアも、歴史をひも解くとかつては武蔵国でした。タワーからは武蔵国を望むことができ、展望台に上ると目の前には、いにしえの風景がよみがえり、江戸の東、東京の東という歴史性や地域性に思いを馳せて頂けると思います。

 

 

 

〜 人力車 〜


“えびすや”
“伝法院通と人力車”

 

浅草観光からは絶対に外すことが出来ない「人力車」
江戸の情緒と昭和の郷愁が入り混じる、東京一の観光地を“粋なガイド”で案内致します。賑わう雷門周辺から足を伸ばして、人気の名所から穴場まで見どころを押さえて一巡り。 浅草下町の歴史と風情を、風と共に感じてみませんか?
時間と予算などに合わせてコースのアレンジも可能。徒歩以上、自転車未満の絶秒なスピードと心地よい揺れ。夏は日差しを避けて涼しく、冬はあったか毛布でしっかり防寒。俥夫が人力車を持ち上げた瞬間、非日常の世界が始まります。

 

 

 

タビトイロで、東京観光・浅草をお楽しみください!

 

 

電話で直接聞いてみよう!

☎03-5830-1223

 

文章だと伝えにくい〜伝わりにくい〜ことってありますよね。そんな方は是非お電話でご相談下さい。
タビトイロスタッフが親切丁寧にお答えいたします。※出発日が近い方はお電話をご利用下さい。即日手配でスムーズにご出発いただけます。